ルールを守って、お互い気持ちよくサイクリングを

●大県信貴線を走るユーザーの方へ

 

柏原市の旧国道170号線大県南交差点から高尾山に入る大県信貴線(関電道路・葡萄坂)は、自転車専用道路ではありません。

 

時折、グループによる並進(横並びの走行)があり、自動車ドライバーが危険に感じることがあるそうです。

 

 

また、スピードの出しすぎには十分ご注意いただき、事故が生じないよう安全な走行をよろしくお願い致します。

これからも皆さんが信貴大県線を気持ちよく走ることができるためにも、マナーの遵守をよろしくお願い致します。

 

 


●平成28年7月1日より大阪府での自転車保険加入の義務化が施行されました

 

大阪府自転車条例により。自転車保険の加入義務化が平成28年7月1日より施行されました。

 

大阪府内では、平成27年の自転車事故の死者数は50人に達し、前年比(16人)より大幅増となりました。特に死者数の約5割が高齢者で、その死因の約8割が頭部損傷によるものです。

 

また、自転車が加害者となる交通事故によって、死者や重篤な後遺障害が生じ、高額な賠償請求事例も発生しています。

 

詳細は、下記リンク、大阪府ウェブサイトに掲載されていますので、よくご確認いただいた上で(チェックシート付)、加入してください。

大阪府自転車条例を制定しました!」(大阪府)

 


●自転車安全利用五則をご存知ですか? 

 

自転車安全利用五則とは

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外

2.車道は左側を通行

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

4.安全ルールを守る

 ※飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

 ※夜間はライトを点灯

 ※交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

5.子どもはヘルメットを着用

 

ルールを守って、お互いが気持ちよくなるよう、自転車に乗りましょう。

 


 

● 改正道路交通法の施行について

平成27年6月1日より自転車での危険行為(14項目)で3年以内に2回以上摘発されますと講習受講が義務付けられます。

講習については、講習時間3時間、講習手数料は5,700円となっています。受講命令に従わないと5万円以下の罰金が課せられますので、ご注意ください。

 

危険行為(14項目)とは?

信号無視

遮断踏切立入り

指定場所一時不停止等

歩道通行時の通行方法違反

制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

酒酔い運転

通行禁止違反

歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

通行区分違反

路側帯通行時の歩行者の通行妨害

交差点安全進行義務違反等

交差点優先車妨害等

環状交差点安全進行義務違反等

安全運転義務違反

 

※自転車運転中に危険なルール違反を行うと交通切符(赤切符)を切られ、講習を受ける事になりますので、自転車を運転される場合は上記「自転車安全利用五則」を守りましょう。

柏原市道路水路課(改正道路交通法の施行について)のページもご覧ください。

 


 

● 保険の加入について

柏原市内で自転車の関連する事故は増加傾向にあり、事故全体の約3分の1の割合を占めています。

交通ルールをきちんと守るとともに、もしもの自転車関連事故を補償する保険に加入して万が一に備えましょう。

「自転車事故への備えについて」  (大阪府Webサイト)

 

 

 

 

 

 

copy Bicycle